テープ起こし

  • 会議や講演会などの記録を文書として保存するには、テープ起こしが有効です。
  • ライターによる書き起こしの後、チェッカーがチェックすることで、高品質な仕上がりになります。
  • お客様のご希望により、起こし方を設定します。一般的には、ケバ取りをした素起こし原稿(聞こえたままを書き起こし、「あー、うー」などの音声を取り除いたもの)を納品します。お客様のご要望と原稿の用途により、編集(整文)いたします。
  • 起こした原稿を翻訳したり、指定のフォーマットに落とし込んだり、図表を挿入して編集し、冊子として製本・印刷するなど、技術翻訳ドキュメンテーションサービスと組み合わせてご利用いただくと、ワンストップでご利用用途の資料形式まで仕上げることが可能です。
  • 技術通訳サービスと組み合わせてご利用いただくと、通訳実施当日に音声を録音し、速やかにテープ起こしを行って記録を残すことも可能です。
  • 対応言語は、日本語、英語です。

service-img-transcription.jpg

一覧ページへ