Q&A, 翻訳

教えて!翻訳Q&A!『理由を表す前置詞句の使い分け』

Q:「~のために」(原因・理由)を表す前置詞句として、because of, thanks to, owing to,
due to, on account ofなどがよく使われますが、翻訳でどのように使い分ければ良いのでしょうか。
または使い分けはあまり気にしなくてよいのでしょうか?

A:これらの前置詞句は微妙なニュアンス、用法の違いがあり、それらを覚えて使い分けると良いと思います。

●because of~: もっとも頻繁に使われています。
ポジティブな出来事にも、ネガティブな出来事にも使えます。
例文:The machine has been used for many years because of its high reliability.
(高い信頼性のおかげで機械は長年使用されています。)
Our train was delayed because of the accident.(事故のために我々の列車は遅れた。)

●due to~: ポジティブな出来事にも、ネガティブな出来事にも使えます。
叙述形容詞として使うのが正しい使い方です。
例文:His promotion was due partly to good luck.(彼の昇進は幸運による。)
The damage due to the earthquake was serious.(その地震による被害は深刻であった。)

●thanks to~: もっぱらポジティブな意味に使われます。
例文:The experiment was successful thanks to her efforts.(彼女の努力のおかげで実験は成功した。)
●owing to~: ポジにも、ネガにも使えます。形式ばった言葉で、口語ではあまり使われません。
例文:Production rapidly increased owing to growing demand(需要増のため生産は急増した。)

●on account of~: 悪い意味に使われます。
例文:The demonstration was cancelled on account of the weather(天候のためにデモは中止された)
いかがでしょうか?

こうした微妙な違いを意識して翻訳されると、更に洗練された英文ができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です