Q&A, 翻訳

教えて!翻訳Q&A! 「~まで」の使い分け

Q: 時を表す前置詞で、特に時間的な期限を表わす「~まで」という意味のby, until, before, within等のニュアンスの違い、使い分けを教えてください。

A: これらの前置詞日本語では区別がないのですが、英訳ではしく使ける必要があります。いをえるしかありませんね。

●by ある時点までに行為完了しているというニュアンスです。

今月末までにレポトを提出しなければなりません。

 I have to submit the report by the end of this month.

今月末」という時点行為提出)を完了している。月末までであればいつ提出してもOKという意味です。

じニュアンスで、

 I have to submit the report within this month.ともえます。

月内であればいつでもOKというニュアンスです。

●until(till) ある時点までの「継続」の意味があります。

金曜日まで、書類っていてください。

 Could you keep the documents until next Friday?

この場合しているから、金曜日まで行為書類つ)が継続していなければなりません。

“till”いはほとんどありません。若干話言葉的であるぐらいです。

●before 「~よりもに」という意味があり、“by”ています。

10時前には機械をセットアップしておいてね。

 Set up the machine before 10:00.

この場合“by”えても文章はおかしくなることはありません。

あえてニュアンスのいをうと、

“by”時間区切限定させる使をするので、より厳格印象え、

“before”は「~より前」なので、やんわりと限定された時間の区切りという印象になります。

いかがでしょう。特に”by” と”until(till)”は逆に使ってしまうとニュアンスが全く異なってしまうので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です