Q&A, 翻訳

教えて!翻訳Q&A!「次の日曜日」って英語だと???

Q: 先日あるイギリス人との会話で、同じ週の土曜日の次の日に当たる日曜日のことを「今度の日曜日」という意味で”next Sunday”と言ったところ、その週末の日曜日ではなくて、その次の週の日曜日のことだと言われました。

月や曜日の過去、現在、未来を表すのに”last/this/next”をどう使えばいいのでしょうか? 

A: 結論から言うと、”week/month/year” には”last/this/next”を付けますが、曜日名や月名(SundayやMay)には混乱を防ぐために”last/this/next”は付けません。つまり、”next Sunday”や”last May”と言わないほうが無難です。


「今度の日曜日」は単に「on Sunday」といいます。直近であれば過去でも未来でも、単に「on+曜日名」だけでかまいません。

この間の日曜日も、今度の日曜日も、結局「on Sunday」だけでいいということになります。月の場合は「in+月名」となります。


<曜日や月名を無難に使うためのルール>

曜日名や月名の場合: this/last/next は直前には付けない

week/month/yearの場合: this/last/next は直前に付けても大丈夫どうしても気になる場合は日付を使うのが無難です。

会話の相手が”this Sunday”とか”next Sunday”と言った場合、その日曜日がどの日曜日なのか不確かなら、相手に日付を特定してもらっても失礼には当たりません。実際、英語のネイティブスピーカーでも解釈が違っていることもありますから。
例:現在が12月だとします。そうすると「今年の5月」は “in May” になります。”I visited Kyoto in May.”ただし、「去年の5月」と言いたい場合は、混乱を避けるために”last year in May” または “in May last year”を使いましょう。

“I visited Kyoto last year in May.”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です