心のふるさとは目の前に

12月に入り寒さが本格的になってきました。 このところ少し衰えが感じられるようになった母。 先日、親族に不幸があったのでそのことを母に伝えると、「久しぶりに田舎に帰りたい」とめずらしく口にしました。親族の皆さんに久しぶり

もっと読む

印象派の絵画のような写真

写真が趣味と言う、知人の写真展に行ってきました。 今回で46回目を迎える写真展。半年に1回のペースで展覧会を開いているとの事。23年も継続しているのは、すごいことです。 そしてさらにすごいと思ったのは、その写真たちです。

もっと読む

質は量の結果

          一足早く秋の気配を満喫したくなり、東洋文庫ミュージアムと六義園に行ってきました。 東洋文庫では世界の翻訳本についての展示があり興味深かったです。沢山の

もっと読む

墓参りで思うこと

花粉症のピークになるこの時期は、桜がほころび草や木々を芽吹かせ、陽の光が万物を生き返らせていくようです。 今日は恒例のお墓参り。 父が生きていた時は、お墓参りよりも優先すべき思うことがたくさんありました。今思えば、もっと

もっと読む

香りと味は情景に絡みつく

今日の帰り道、S部長とラーメンの話題。 「昔懐かしのしょうゆ味ラーメンは、店主が高齢化していて少なくなっています」 子供時代、日曜日のお昼のご馳走は、店屋物のラーメンでした。家族全員揃って食べる日曜の昼餉は、兄や私が成長

もっと読む

春の日差しと大量行動

今日の午前中は翻訳部門の営業メンバーと、我が社の技術翻訳サービスの告知活動に専念しました。 実に原始的な方法ですが、何回か行動を共にするとだんだん手順がわかってきて、訪問先でもスンナリ動くことができてきます。 何回も同じ

もっと読む