ネット社会あるある??

コンテンツサービス事業部の人見です。

さて、つい先日利用しているカード会社より突然の連絡がありました。
毎月の支払は滞りなくしているし、限度額まで使ったわけでもないのに何故????
と疑問に思いながらも折返し電話をかけました。
するとコールセンターに繋がり、アメリカで何か買いましたか?と。
アメリカ??勿論旅行にも行っていませんし、
通販で利用するのは中国や韓国などのアジア圏なので身に覚えが全くありません。
すると更に○○日に○○円(なかなか高額)の利用履歴がありますが身に覚えはありますか?と。
んんん??店の名前を聞いても分かりません。
ここまで行くと何となく分かってきますね、そう。私のカードはどうやらフィッシング詐欺にあっていたみたいなのです。
そう言えばここ最近インドから不正ハッキングされているとappleからメールが来ていて、
一度だけURLを踏んでしまっていました…途中で怪しい事に気付きログインまではしなかったのですが、
最近のウイルスはかなり巧妙化しているらしく、URLを踏んだだけでもある程度の情報が抜けてしまうこともあるとか…
とにかく対象のカードを止めてもらい、再発行の手続きをしようと思ったら既にカードは停止しているとの事。
…不正利用の発見からその後の対応まで何と鮮やかな事でしょう。
新しいカードは郵送だと年明けになってしまうとのことでしたので、明日直接店舗で即日発行してもらうことにし、不正利用書類を年明けに返送するとの事で一段落しました。
ネットショッピングが多い私にとってクレジットカードの利用は日常茶飯事ですが、
常日頃自分がいつ何を買ったかをちゃんと把握していなくてはいけないと反省しました…
皆さんも不審なメールには十分ご注意を!

—————-キリトリセン—————-

弊社HPもよろしくお願い致します!

→ 技術翻訳ならコンテックス!

現在お得なキャンペーン実施中!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)