書店の紙芝居師(後編)

コンテンツサービス事業部の前田です。
書店の前でおこなわれていた紙芝居。
タイトルは「蛇娘リン子」。
続きが気になったので、12月の紙芝居を見にいきました。
果たして、無事に続きを見ることができたのでしょうか?

できました。

紙芝居師にリクエストして、最終話まで上演してもらいました。

警察に包囲され、屋根から落下したリン子。
蛇の呪いが解け、元の美しい顔に戻ったものの、
命を落とすという悲しいラストでした。

「あ。お父さん、復活しないんですね・・・」
残念な展開につぶやいてしまいました。
ナメクジの液を浴びて透明になったお父さんが、
どこかでリン子ちゃんを助けてくれるものと思っていました。

やるせないです。
平成的、子供向きなハッピーエンドでない、
昭和的な渋いエンディングにうなってしまいました。

紙芝居師の方にお話を聞くと、
紙芝居はどれも一点ものとか。
こちらの博物館資で借りてきているそうです。

http://www.gaitoukamishibai.com/

どこかで紙芝居をしていることがあったら、
また見に行きたいと思っています。

—————-キリトリセン—————-

弊社HPもよろしくお願い致します!

→ 技術翻訳ならコンテックス!

現在お得なキャンペーン実施中!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)