花粉症のピークになるこの時期は、桜がほころび草や木々を芽吹かせ、陽の光が万物を生き返らせていくようです。

今日は恒例のお墓参り。

父が生きていた時は、お墓参りよりも優先すべき思うことがたくさんありました。今思えば、もっと父の話を聞く時間を取れば良かったと思う。

「おまえは薄情だから、俺が死んだら墓参りにも来ないだろう」父は笑いながら、よくそう言っていました。

しかし、父を裏切るように、2011年以来、春と秋のお彼岸は家族と、父の命日のある7月は幹部社員と、欠かさずお墓参りに。

たった年に3回しかありませんが、今あることに感謝し、父へ近況を報告します。

逝ってからではなく、生きている時に何かもっとできなかったか、と墓前に来るたびに思うのです。

いきている今を大切に、1日1日を精一杯過ごしていきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)