先日、横浜商科大学で事業承継についての講義をさせていただきました。

今年は新型コロナ感染症の影響で、多くの学校は休校を余儀なくされていましたが、現在はオンラインツールを使用して授業を継続しているとのこと。

新型コロナ感染症への恐れを【外圧】といえるのかは微妙ですが、今までとは違うやり方や考え方で物事をできるように進めていかなければならなくなった、という意味では明らかに【外圧】ですね。

こうした予想外(!)の外圧に押されたときは、やり方をサッサと変えるにもかかわらず、なぜか平常時にはいつものやり方にこだわり、変えることを厭う。人間ってそういうものなんですね。

となれば、もっともらしい理由を日ごろからあれこれつけて、やり方や考え方を変えざるを得ないような環境を意図的・計画的に自分や組織を追い込むと、変化に柔軟になれるのかな、と。

自分も会社も、変わっていくことが結果的には一番の安定、なのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)