ステイホーム週間、もとい、ステイホーム月間となっている今日この頃。
なんとなく刺激が足らないな~、と思うこと、ありませんか?

そんなところに、お客様からメールをいただきました。

「この文章の、without having to worryはどんな意味になりますか?」

I have enough problems of my own without having to worry about yours.

withoutは「~なしで、~以外で、~を除いて」などの意味、have to は「~しなければならない」と解釈できます。

直訳的には、「~しなければならない + ~なしで」となるので、「~すべきことをせずに」となり、意味的には「気にする余裕がない」となります。

「自分のことで手いっぱいで、あなたのことまで余裕なし!」
といった意味でしょうか。

はい、【余裕をもって】ことにあたりたいです💦

いつもありがとうございます!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)