もっと今日は2022年初めのコンテンツサービス事業部の会議。

昨年から自部門の品質に関わるデータを集めて
見える化していこうという試みを続けています。

スループット(翻訳処理スピード)をモニタリングでは、
数値が上下していることについて、難易度によりものか
それ以外の理由によるのかなどの質問がメンバーから出て、
その測定基準を確認することに。

基準があやふやだと測定の情報の信頼性が心配になりますが、
それでも見える化するから「データの基準を作ろう」とか
「より明瞭な基準を作ろう」という話につながるものです。

ことしもスピーディーで高品質な翻訳サービスをお届けすべく、
メンバー一同切磋琢磨してまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)