20代の社員2名と、経営指導を受ける会社で研修。実はお金を払ってベンチマーキングさせてもらっている。

研修は参加者が主体的でないと、なにも得られないと思う。
師匠の会社で行っているように、若手社員と共に私も30件の気づきを書き出す。

訪問するたびに何かが必ず大きく変わっていて、同じことが二度とない。
「進化する」価値観が全社で浸透していることがとてもよくわかる。

レベルが高いなと思うことばかりでひるんでしまったが、自社で取り入れられそうなことから始めることが大切、と気を取り直した。

若手はどんどんと吸収しているようで、指導先の社員さんにも質問していた。

外的刺激と体験は、人の考え方を大きく広げるきっかけになる。自分や自分の職場だけの殻に閉じこもらず、可能性は無限と考えを広げていってほしい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)